インプラント症例紹介

矯正治療〜骨移植〜インプラント

下顎左右の奥歯がグラグラするという患者様で、実際にレントゲンで確認させていただいたところ
歯根破折をしており、抜歯せざる負えない状態でした。

治療プランとして、矯正治療をして理想的な歯並びにしてから、欠損している部位にインプラントを埋入して、しっかりとかませるというプランです。

残せない歯を抜歯後、矯正治療がスタートしました。
患者様が接客業をされているということで、極力見えにくい矯正器具を希望されましたので、見えにくい矯正器具と白いワイヤーと上顎に関してはリンガルブラケットという、舌側(歯の裏側)にブラケットを取り付ける矯正治療法です。リンガルブラケットは一般的な表側矯正の矯正治療と同等の矯正効果が得られ、表側から装置がまったく見えないというメリットをもつ治療法です。

約2年で理想的な歯並びに矯正できたところでインプラントオペですが、CTで顎の骨の厚みを測ったところ、インプラントを埋入できる骨の厚みがなかったため、GBRという骨移植を行いました。

骨移植後、およそ半年間で理想的な骨の厚みになったため、左右下顎に4本のインプラントを埋入しました。

埋入後は、インプラント体が骨に生着する期間(オッセオインテグレーション)3ヶ月ほど、待ってからジルコニアで出きた上の歯をセットして完成です。

これまで、歯の動揺があったことと、先欠で歯がない部位がありかみ合わせも悪かったため、しっかりと噛むことでができませんでしたが、矯正をしてからインプラントで歯を作ったことで、すべての歯でしっかりと噛むことができ、機能面でも見た目でもとても美しいお口元になりました。

Before

After

大木歯科医院では、虫歯治療からお口の中のメンテンス、そして矯正治療とインプラントなど、保険診療から自費診療まで総合的に歯科診療をおこなっています。

歯のこと、お口のことでお悩みの方、ぜひ一度当院までお電話(059-395-1000)またはホームページからご予約の上ご来院下さい。
セカンドオピニオンも受付しております。

一覧へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る