インプラント症例紹介

奥歯の欠損を放置した事による噛み合わせの崩壊をインプラントと矯正にて改善した症例

奥歯の欠損を放置した事により噛み合わせが乱れ、次々と連鎖反応的に歯が欠損していく状況をインプラントと矯正にて食い止めました。

Before

After

奥歯がなくなった事により前歯に過大な力がかかり、前歯の間に大きく隙間が出来てしまいました。

清掃不良の状態の歯に過大な力がかかると歯周病が短期間で進行してしまいます。
まずブラッシング練習を行った後噛み合わせの調整、最小限の条件が整った後、歯周病重度の部位に対しては歯周病の手術を行いその後インプラントの手術を行いました。

一覧へ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る